FC2ブログ
2008-04-30(Wed)

。ねぇ…。


このブログ、最近暗いことばっかりだ


もうちょっと明るいことも書くようにします…【笑




スポンサーサイト



2008-04-30(Wed)

。あのね。


昨日、一昨日、彼方があたしに本音を教えてくれた


…もしかしたらそれは本音じゃないのかもしれないけれど。


それでも、あたしは嬉しかった。


彼方が決断してくれたのも嬉しかった


あたしの話しを、一言一言真剣に聴いてくれた。


今度こそ本当に、、、信じていいんだよね…?


あたしもね、あたしの悪いところを改善しようと努力してるの


いつものケンタッキーで仕事帰りに反省会してるの



だからね、二人で頑張ろう…?


今度こそ、今度こそ。




きっと周りは、あたしをバカな女だと言う


もう救いようがないとも言う


それでも、やっぱり自分の気持ちにウソはつけなかったんだ…



もう一度だけ、自分の気持ちに正直に生きたい




最後の最後に、彼方を全力で信じるから…



信じさせて…


もしもまた、彼方が迷うことがあったなら

迷った末にあの人の手をとったりしたら

本当にもう諦めるから。


振り返らないから。








…やっぱりあたしは、智哉が大好きなんだなぁ…【苦笑




2008-04-26(Sat)

。まだかなー。


智哉、早く起きないかなぁ…


あたし今日、仕事休みなんだよ!

電話したーーーーーいっ!o(>□<*)o






と、メールじゃ直接言いにくいから、ブログに書いてみる…【笑


2008-04-26(Sat)

。詩集。

昨日久しぶりに本屋さんに立ち寄ったんだ。

なんか本が読みたいなぁと思って。


感動できるような恋愛小説でも読もうかなぁなんて考えてたのに、


結局手に取ったのは詩集。


詩集でも恋愛小説でも値段は変わらないのにねー

恋愛小説の方が分厚いから、長く読んでられるのにね。


薄っぺらい詩集買っちゃいました。


しかも二冊。


まぁ、たまには本を買うのもいいかなぁーと。


その後はまぁ、ビール買っていつものバスに乗って。

帰宅しました。




智哉は今頃寝てるのかなぁ



あとでさ、智哉に時間できたら電話していいかな


寝てたら悪いからあえてメールはしません【笑


まぁ、このブログ読んだらお返事くれるとうれしーです。




2008-04-25(Fri)

。バス。


いつもの駅からバスに乗る



(彼方と一緒に乗ったバスに、もぅ一度乗れないかな‥)




なんて、ぼんやり考えながら。




あの時と同じ座席に座る




ねぇ、あたしがバスで携帯落としたことあったでしょ?


智哉を含め、周りにいた乗客の人たちも一緒になって探してくれてたね




あの日のこと、思い出しながら足元を見たけど

あの時のバスとは足元のつくりが違ったんだ‥






なんだかね、寂しくなったよ。





2008-04-23(Wed)

。夜。

社会人になって
夜に出歩く‥違うな

夜 外を歩く機会が増えた


‥っても会社からの帰宅のみなんだけどね【笑




夜、好きだな



仕事終わりで疲れてるけど


自分の自由な時間がもてる



時間がこれ程 貴重なものだとは、高校生の時は知らなかった





外を歩くと、星がいっぱいで


夜はいい匂いがして



イヤホンからは甘い失恋ソング



帰りの満員電車は何故か苦にならない




好きだな‥夜





2008-04-22(Tue)

。あと少し。

さてさて、本日2度目のブログ更新です【笑


なんかね、だってね、

会う日まで、あと一週間弱でしょ?


仕事でつらいことあったり、家でつらいことあってもさ

智哉との約束あるから結構頑張れてたりするんだ



会ったら何しようかぁー

想像しただけで、わくわくしちゃう


一緒におでかけってのもいいんだけどさ、

ぎゅーってしてたいって気持ちもあるのよね



時間が足りなさ過ぎて、なにしていいか迷っちゃうね




会ったらすぐに手ぇ繋ぎたいな








智哉さんのあったかい手に触れたいです




きょーのブログは以上です








…なんだこの記事【笑





2008-04-22(Tue)

。記念すべき100件目。

バス予約とれたよー

GW前だってことすっかり忘れてて、バス予約しようと思ったら全部満席で焦った…

次から気をつけないとね。



新幹線でそっち行って、泊まりっていうのもかなり魅力的なんだけど、


それはもうちょっと社会人生活に慣れて、

親に文句言われず自由にそっちを行き来できるようになってからにしようかな、なんて考えてるんだ。



きっとすごい心配するだろうし、


ショップまであたしが働いてる様子見に来るくらいだから、かなりの親バカみたいだしね…【苦笑







ぁ、そうだ


この記事でね

合計記事数100件だよ



ブログつくったはいいけど、すぐ飽きると思ってたんだけどなぁ


びっくり



これからもどんどん更新していけるといいな





ねぇ、智哉


はやく会いたいね




2008-04-21(Mon)

。フレンドさん。

ネットでの恋

相手の顔も声も表情も仕草も

何もわからない



でも貴女は彼に惹かれた


恋をした




惹かれた理由?



そんなものわからない



声を知らなくても、顔を知らなくても



彼に惹かれた


恋をした




彼だから好きになった



「彼だから」
それが唯一の理由だろう





ねぇ、フレンドさん


あたしもネットがきっかけで智哉と出逢いました



お互い名前も知らないのに、惹かれ

顔も仕草もわからないのに、恋に堕ちた





それは、

一般的な恋と比べると、正直辛くて


涙が止まらない夜だってあった



‥いや、今もある



それでも、嫌いになれないんですよね



フレンドさんのブログを読んで
貴女も同じような気持ちを抱いているんだと感じました




ただ一つ




どんなに辛くたって

「死にたい、消えたい」


この言葉は控えることをお勧めします




あたしだって言っちゃう時あるんだけどね






言葉は魔法です



心を生かすも殺すも「言葉」次第




「死にたい」って言葉は


相手にプレッシャーをかけます




あたしは過去に


この言葉で彼を物凄く傷つけました



この言葉は未来を紡がない




辛さがわかるからこそ
貴女には使ってほしくない


ブログを読む限り
現状は、正直貴女にとってかなり辛いものだと思います



あたしも辛い時は、一日に何回も何回も弱音を吐きます




落ち着いてる時に読み返し、


弱音だらけの記事は非公開にしちゃいます




貴女が本当に彼を好きなら


気持ちをぶつけるだけでなく


一度落ち着いて、自分を見直してみて




すごく難しいことだけれど


あたしもまだ、うまくできないけれど。




だって好きなら


どんなに離れたって


どんなに嫌おうとしたって



想い続けちゃうじゃないですか








辛いなら


逃げてしまえばいい


それも一つの選択です





後悔するかもしれないし


しないかもしれない





想い続ければ、報われるかもしれない






さぁ、選ぶのは貴女です



頑張って。



辛い時は、目が腫れるまで泣いちゃいましょう。







「貴女」「彼」って書いちゃったけど
間違ってたらごめんなさいね





2008-04-20(Sun)

。あらためて。

ねぇ智哉






大好き













愛してる





2008-04-19(Sat)

。。

頑張ろう


頑張ろう




2008-04-19(Sat)

。嫌い。

嫌い。


嫌い。



大嫌い。







‥好き







ほんとゎ好き。






‥‥‥でも嫌い。







大好き。








愛してる‥‥‥。











心の中で、好きと嫌いが混ざりあってる。









大好きなのに、







愛してるのに、











口からでるのは 「大嫌い」











ただ思うのは、




「忘れたい」










2008-04-14(Mon)

。誠意。

ただ求められたいんだ

求められたいだけ

「誠意」が欲しいだけ

大事にされたいだけ



どれもきっと
「愛」があれば簡単にできること


もちろん少なからず
あたしは大事にされてる


抱き合う時なんか
とても大事にされてるように思った


ただ彼方は

あたしの「カラダ」を大事にはしてくれても
「心・気持ち」は大事にしてくれてないと気付いた



今でも彼女と連絡とってるんでしょう?


会ってるんでしょう?



キスはした?

抱き合った?


彼女に触れた指で・口で・言葉で





あたしを抱くの?






「もう会わない、連絡しない」と

自分からは言えないの?


彼方はあたしに一生を誓った


永久に一緒だと



信じたあたしがバカだったの‥?





あたしにまだ、望みがあるのなら


彼女を全て否定して


彼女の連絡先を今度こそ消して


彼女から連絡がきても突き放して


彼女ともう 会わないで




それができないなら

もう 限界だ









あたしは適当な男に

心のスキマを埋めてもらうから、さ




2008-04-13(Sun)

。わかってるんだ。

どんな詩を書いたって、結局最後は彼方を連想させる詩になってしまう。


自分の想いが重いことも重々承知してる。



彼方を苛つかせたり、疲れさせることがあたしの十八番。


彼方の癒しにはなれてない。




ちょっとしたことで不安になって、


すぐに泣いて、



もう、なにをどう言い訳しようと彼方を疲れさせてしまうだけ。




あなたの力になれないあたしが居る。



女はね、ばかだから


何度も何度も愛の言葉を聴かないと安心できないの。



幸せに比例して不安は積もってしまうの。




ごめんね、めんどくさい女で。







2008-04-13(Sun)

。詩。

連絡がとれないだけで、何故かものすごく不安になる。


外は雨、鳴らない携帯電話。


あたしの声は彼方に届いているの?


彼方の声はあたしに届かない…。




ねぇ、今なにしてる?


あの人と一緒…?


もしかしたら会ったりしてるのかな…

彼女と抱き合ったりしてるのかな…



そこまでいかないにしても、キスくらいはしちゃったかな…


会いたいよ…



それが叶わないのなら



声が聴きたい





お願い…お願い…





心が張り裂けそう。。。




2008-04-12(Sat)

。最近。

最近、書く内容が暗い気がする…【笑


べつにね、暗いわけじゃないよ?



ただなんとなく、こんな文章ばかりになってしまってるだけ。




べつにね、暗いわけじゃないよ。





嗚呼、お腹が空いたよー。




2008-04-12(Sat)

。動物。

今日ある番組を観ていて、ふと思ったこと。




「動物は素直に生きている。」






動物っていっても、人間以外の動物ね。




動物にもやっぱり性格がいろいろあって、


素直じゃない子がいたり、寂しがりやな子がいたり。

強がりな子がいたり、やんちゃな子がいたり。


人間と同じように、いろいろ性格はあるけれど、


唯一人間とは異なっていることがひとつ。


動物は決して裏切らない。



それはきっと、人間と違って

高い知能がないからかな、なんて思ったりした。



素直な気持ちで、精一杯の愛情をもって接すれば、


必ず「愛情」という見えないものでかえしてくれる。




誰かに愛情をもって接する時、本来見返りを求めるのはおかしいと思うけれど、

実際のところ、まったく見返りを求めない人間なんていないんだ。



だけど、いくら見返りを求めたって、人間は時に裏切る。





けれど動物は、裏切らない。




動物はとても素直に生きているな、と

与えた愛情は、必ず愛情でかえしてくれるんだ、と






改めて思った。





我が家の犬が、とても愛しくおもえた。






なん
2008-04-10(Thu)

。通勤ラッシュ。

朝から電車にユラリユラレ

不慣れな電車出勤の中【信号トラブル】


ただでさえ
人が多くて暑苦しい時間帯なのに


信号トラブルの所為で

人は他の電車を求めて流れるの



人混みが嫌い
他人に触れるのはもっと嫌い



息がつまる
暑苦しい




慣れない電車


初めて向かう場所



右も左もよくわからない



こんなんでちゃんと着くのでしょうか?










ちと様


コメントありがとうございます


雨、基本的に好きではあるんですけどね


夜、一人になるとどうも孤独感に襲われます


またお暇な時にでも、覗いて頂ければ幸いです




2008-04-08(Tue)

。雨は好き‥だけど。


‥雨音が嫌でも頭に響く。






土砂降りは 孤独感が増すから嫌いだ。










煩くて眠れそうにないね‥





2008-04-07(Mon)

。51%。

久しぶりにUVERworldを聴いた

「51%」

あたしの大好きな曲



数ヶ月前を思い出す


まだあたしが高校生だった頃


今よりも少し幼くて



居場所を手に入れようと焦ってた




そんなあたしの心の中に

UVERworldの詩・音はするりと入り込み

あたしの心を揺らした


UVERworldを聴いて

元気をだしたこともあった

一人 静かに泣くこともあった



それは今もかわらない





UVERworldを聴くと


何故か‥‥










UVERworldに出逢えてよかった




ありがとう




2008-04-05(Sat)

。詩。

居るはずのない道を辿る


彼方の面影を追って

ただ虚しくなるだけなのに‥



彼方は此処にいない




一緒に乗った電車


手を繋いで歩いた道


「キレイだね」

降りしきる雪を眺めて呟いた



どれもが体験したことなのに


それはまるで

甘い 甘い 夢のように


溶けて無くなりそうで‥‥







あたしの想いは


ひたすら重くて



彼方は嫌だと 繋いだ手を離した






振り返っても

そこに過去はなく


彼方の居ない現実だけ



無情に



あたしの前に降り積もってく




2008-04-04(Fri)

。詩。

泣きたい

アタシはそれ程強くないんだよ


叫びたい

大声で「好きだ」とただ伝えたい


ただ彼方を想うだけなのに


何故 こんなにも辛くなるの



求められたいだけなのに


行き場のない心はどこへいく




じっと見つめて

アタシを抱きしめて


求めて 求めて 求めて




こんなにも強い想いを

どこにぶつければ受け止めてくれるの


こんなにも苦しい想いを


アタシは今まで知らなかった




アスファルトに滲む雨水のように

彼方への想いも薄く広がってしまえばいいのに


いつの日か 乾いてなくなってしまえばいいのに……



どんなに泣いたって
それを拭ってくれる彼方はここにいなくて


誰かの手を求めたって

アタシの心は冷え切っていくだけ




暖かい手を

力強い腕を

アタシを抱きしめてくれる彼方を


ただ求めて求められたいだけなのに


こんな想いを アタシは今まで知らなかった


こんな想いはもう… 











ただ今はもう












彼方を忘れたいだけ

2008-04-02(Wed)

。詩。

繋いだ手を何度離そうとしたって

何度彼方から離れようとしたって

目をとじる度に彼方の顔が浮かんでくる


この心 離れられずにいるの……


溢れる涙は彼方の為…?


チガウ



彼方の為なんかじゃなく

寂しがりやな私の心が埋まらないから

隙間を埋めるために涙を溢すの





一人になれるのなら

独りになれる程 私が強い人間ならば


彼方を自由にしてあげられるのに





繋いだ手を何度離そうとしたって

何度彼方から離れようとしたって

目をとじる度に彼方の顔が浮かんでくる




忘れられない

彼方からの

「解放して…」

小さな叫び






どんなにどんなに泣いたって

この心 離れられずにいるの…


私がもっと強い人間になれるまで


もう少し もう少し


私の手を離さないでいて。。。


プロフィール

。綾香。

Author:。綾香。
ネット恋愛、実はバカにしてた。

遠距離恋愛?ないない。

第一、
アタシは誰かを好きになるのが怖かった。

両想いになるのが怖かった。

そんなアタシが、
ネット恋愛しちゃってます。
遠距離恋愛しちゃってます。



。プロフつくってみたョ。








記念日
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる