FC2ブログ
2008-01-30(Wed)

。未成年。

もともと厳しかった親が、彼方の元へ行ってから、もっと厳しくなった。

バイト後はまっすぐ家へ帰らなければやめせる、だとか

妹の誕生日にバイトを休むのを忘れたアタシに、
「自分勝手だ お父さんでさえ仕事切り上げて帰ってくるのに」って。
(…父さんだって、誕生日忘れてたことあったじゃん。)

大体、なんでこの歳にもなって、わざわざ家族行事に参加しなきゃいけないのよ。
バイト先だって家から徒歩3分なのに、
別に1時間も2時間も遊んでる訳じゃないのに。


監視されてるかのような毎日。



「妹の誕生日プレゼントなにがいいかなぁ?」って聞くと
「PS3って言ってたよ」って。
「…んな高いのムリ【苦笑」って言うと、
「新幹線乗って彼氏のところ行くお金があるんだから、買えるでしょ。」


ちょっと出かけてくるっていうと、
「用が済んだらまっすぐ帰るんだよ、新幹線乗って彼氏のところ行っちゃだめだからね。」


頭がおかしくなるくらい、度々繰り返される嫌味。


希望のバイト先に履歴書を送るために、親の承諾を得ようとすると、
「好きなようにしろ。」


んなこと言うなら、がみがみ怒るなよ。

今から、家出しても文句言うなよ?





「ここまで育ててやったのに、親の言うこと一つも聞かないで…」

って親は怒るけど、

そんな恩着せがましい言い方するなら、生まなきゃよかったじゃん?

別にこっちだって好きで生まれたわけじゃないし。

っていうか育ててやったって何よ。
4年以上は祖母の元に預けてたくせに。
虐待してたくせに。
児童相談所とかたらいまわしにしてたくせに…。




なんで好きな人に会いたいだけなのに、

そこにあるのはただ純粋な想いだけなのに…



なんでもかんでも規制されるようになった。

全部全部わかってるよ。
心配されるようなことしたのも自分。
規制が厳しくなるようなことしたのも自分。


所詮アタシは未成年で、まだ親の保護下にいる。


だけど、お願いだから今だけは反発させて…






大人になったらなったで、義務とか責任とか大変なんだろうけど、


今はただ20歳になりたい。





親の監視するような目が、アタシの心を削ってく、潰してく。



彼方が居なきゃ、心が死にそう。





つい先日見つけた…







たったひとつ咲いていたは、もう枯れてしまった。




なんだか切なくなった。





スポンサーサイト



2008-01-29(Tue)

。アタシ達の冒険。

彼方に初めて逢う瞬間。

緊張して、いっぱいいっぱいで4時間30分もかけて彼方に逢いにいって、
アタシ一人で冒険した気でいたけど、


ホントは彼方もすっごい緊張してたんだね、どきどきしてたんだね。

部屋から待ち合わせ場所まで来る瞬間、彼方も冒険してたんだね。



お互い電話しながら、距離を縮めていったじゃない?


で、ある程度距離が縮まった時

彼方は近づいてくるのをやめたよね…【笑


それでも少しずつ近づいてきてくれて、

その時のアタシは緊張しすぎてうつむいてた。

彼方がすぐ後ろに立った瞬間、彼方の足が見えたんだ。



すぐ傍に彼方がいるんだぁ…って思ってますます緊張したよ。


思い切って顔を上げたら、そこに彼方がいた。






後から、「初めて見た時、どう思った?」って聞かれたね。

ほんとにね、「゜+.ほわぁ゜+.」ってなったんだ。

だって隣に彼方がいるんだもん。

智哉だぁーって思ったら

なんだか緊張とかよりも、好きな気持ちが上回って


触れたくなったの。



だって好きな人が隣にいるんだもの。


600キロの距離を越えて、彼方に逢えた。


手を繋ぎたかったから、手を繋いだ。

緊張とか、外で握るのが恥ずかしいとか、そんなのもうどうでもよくて、

ただ、触れたかった。



触れた手は、温かかった。






彼方の部屋へ行くまでの距離が、一瞬に感じられて、

ほんとにもうあっという間に時間が過ぎちゃった感じ。



初めて彼方に逢って、初めて彼方のお部屋に行って、

もう何をどうしていいかわかんなくて、

とりあえずお布団の中にとびこんでみたの。


いつも彼方が寝てるんだぁ…って思ったら、なんだか嬉しかった。


買っておいたプレゼントを彼方に渡して、

彼方からもプレゼントをもらって。


嬉しくて‥空けたら素敵な指輪が入ってた。


彼方の名前入りのシルバーリング。


ちゃんとサイズはかってなかったから、ちょっと大きかったけどね【笑


一緒に映画を観て、触れ合って、ぎゅぅってして、

お互いの距離がどんどん近くなって…



もぅ映画なんて目に入らなかったね。



アタシの目には彼方しか映ってなかった。




彼方の目はまっすぐにアタシを見てて、

恥ずかしくてアタシは目をそらしちゃったね。



初対面だとか、そんなことはもう頭になくて

触れた頬が、柔らかくて‥唇が軽く触れた。


それでも‥彼方から強く求めてくれることはなくて



我慢できなくて、アタシから彼方を求めた。




彼方曰く、焦らしてたらしいね?
(綾香はどんな行動に出るんだろー)って。


‥まんまと智哉の策略にはまっちゃいました【苦笑



だって‥触れ合うだけのKissなんて物足りないもの‥。


もっともっともっと…彼方が欲しかった。



どんなに抱きしめられても、足りなくて


もっと近づきたくて


二人の間にある、自分の腕すら邪魔で。




誰かにあんな風に抱き締められたのは初めてで、すごく嬉しかった。



彼方の温かい手が、アタシに触れる。



身体が火照る。



彼方が隣に居る‥‥




何度も何度もKissをして、



それから‥互いの体温を確かめあった。







最後の数十分。


迫ってくる時間が嫌で、何度も携帯を見て

時間を確認してた。




ベッドの中で抱き締めあって、


しばらくこうしてよう?


って一言が、なんだかすごく幸せに感じられたの。




あと10分‥あと5分‥


時間がどんどん迫ってきて、アタシたちは駅まで行くのに軽く髪を整えてた。



智哉っ!!電車きちゃうっ!!はやくっ!!o(>□<*)o



ってな感じでアタシはわんわん騒いでたね‥【笑



身支度を整えて、彼方に最後のKissをした。


二人で、あの部屋を出た。




家に帰るんだぁー‥って実感がなくて

ただ、彼方と手を繋いで外を歩けるのが嬉しかった。




その時はまだ、離れる実感がわかなかったんだ。

離れるのが、どれほど辛いことかわかってなかった。


なんだかんだで、新幹線が出てる駅までの電車に、二本乗り遅れて‥‥そして三本目の電車。


これを逃したら、門限までに帰れない‥


電車が来るまで後1分。



彼方の腕をひいて、アタシは走った。




なんで離れる為に走ってんだ‥とか思いながら、

それでも1分後の電車を逃す訳には行かなくて、二人で駆け込み乗車した。




電車の中でも会話は途切れなくて、
気付けばあっという間に新幹線の乗り場へ。


手はかたく繋いだまま‥


‥‥新幹線がホームに入ってくる



列の最後に並んで、ゆっくりと新幹線に乗る。



乗る瞬間、アタシを掴む彼方の腕に、力が入った気がした。



扉が閉まるまで、アタシは身を乗り出して彼方を見つめた。


‥駅員さんに怒られちゃったけどね【苦笑



なんだか、頭の中が空っぽで

扉が閉まる数十秒前、アタシは切なくなって彼方から目をそらしたの。



離れるのが嫌で‥

その瞬間ひらめいた。



電話を繋げば寂しくない‥!



新幹線の扉が閉まる‥


扉越しの電話。



彼方の声はすぐ傍にある。


すこし寂しくなくなった気がした。


新幹線は発車し、少しずつスピードを上げていく。



彼方が遠くなってく‥‥






新幹線に乗ってる間も、ずっと彼方と電話したね。


電話越しの彼方の声で、寂しくなくなった気がしたけど、
でもやっぱり少し寂しかった。





ねぇ‥今はね、彼方と電話してると

彼方の表情がよめるの。仕草とかも‥。


ほんの数時間だったけど、彼方をもっと知れた。



幸せな時間だったよ。



‥今すぐにでも


また彼方に触れて欲しい。




2008-01-27(Sun)

。アタシの冒険。

ねぇ、アタシ初めて一人で新幹線に乗ったよ



朝ね、家をでる時に犬がすっごい吠えたの

めっちゃ焦ったぁ‥‥【笑


玄関を飛び出したら、外はまだ暗くて

これから冒険に出るんだって思ったら、なんだか不思議な気分になったよ


東京駅ね、広いって聞いてたから
迷子にならないか不安だったの

でもそれ程でもなくて、迷わずに新幹線に乗れたよ



これから彼方のところへ行くまでの二時間半

暇だなぁ‥‥【笑



なんかね、たぶん緊張はしてるんだと思うの

でもそれほどでもなくて‥

なんだろ‥よくわかんないけど、今すごく落ち着いてる


会ったらどんなんなっちゃうのかなぁ‥


やっぱりしゃべれなくなっちゃうのかな?

それとも、しょっぱなから変なテンションで絡んだりするのかな?


全ての答えは二時間半後



会ったらとりあえず

彼方と手を繋ぎたいな




2008-01-25(Fri)

。あの時の涙。


Mがバイトを辞める時、アタシは布団の中で目が腫れるまで大泣きしたよね。

もちろん、Mが辞めるから寂しくて泣いちゃった、ってのもある。

でも目が腫れるまで泣いたのは、Mのためなんかじゃなく自分のため。


現実をつきつけられた気がしたんだ。


Mが辞めたところで、あの店は何も変わらず回転してく。


何も変わらない。


そんなの、過去に辞めていく人達をみててわかりきってることだった。



でも最近、辞める人がいなかったからすっかり忘れてた。




Mが辞めることで、再確認させられた。



あの店は何も変わらない。





きっともうすぐ、アタシはあの店を辞める。

3年間、恋やら対人関係やらあり得ないくらい色々学んだあの店を。



アタシにとってはもう一つの家族。




めまぐるしく過ぎた3年間。

笑って、泣いた。
怒って、落ち込んだ。

社員と、仲間とぶつかりあうこともあった。

新人のトレーニングに必死でなやんだ時期もあった。


お客さんに怒鳴られたこともあった。
褒められて、跳んで喜んだこともあった。



もしかしたら、学校と同じくらいの時間を、あそこで過ごしたかもしれない。





もうすぐアタシはあの店を辞める。





店は変わらず回転しつづける。




2008-01-24(Thu)

。これから‥。

昨夜、彼方は言ったね。



「3年も遠距離なんて耐えられない。」と。
「1年でも耐えられない。…こっちに住もう?」と。


彼方がふと言った一言。


なんでそんな話しになったんだっけ。

記憶が曖昧で、話しの流れが思い出せない。


彼方はめずらしく弱々しい声で、とても寂しそうに言ってたね。

少なくともアタシはそう感じた。



アタシだって遠距離はイヤだよ?

近くに居る方が、もっともっと二人でいろんなことできるだろうし。

寂しい時は、彼方の体温を感じられる。


でもね、最近遠距離に慣れはじめてるアタシがいるんだ。


触れあうことはできなくても、お互いを近くに感じられていると思うの。

だってね、考えてみて?

近距離に住んでたら、深夜も早朝もちょっとした時間も、
こんな頻繁に電話してると思う?

あんなところに、電話持って行ってると思う?【笑

毎日、毎日、一緒に寝てると思う?


この遠い距離が、きっとそれを可能にさせてる。

彼方だって言ってたでしょう。

この距離が気持ちを大きくしていくんだね、って。


別に近距離に住みたくないってことじゃない。

遠距離は辛いこともあるけど、
二人が繋がってる限りは近距離と同じくらい幸せだって言いたいの。



…まぁ、本当に言いたいのはこんなことじゃないんだけど。



本題は、昨夜の話しの答え。




あのね、アタシたち…少なくともアタシは、まだまだ子供で、

自力でお金を稼ぐことは出来ても、

一般常識とか、社会のこととか、

大人が知ってて当たり前のことだって知らないこと多いし

お子様だし、

それこそ、一人じゃ何も出来ないの。


18歳にはなれたけど、まだ高校生で

高校生だからって理由で出来ないことも多い。


高校を卒業したからって、まだまだ未成年で、

住む家だって、自分一人じゃ決められない。

よくわかんないけど、契約とかいろいろあるんでしょう?

親の承諾がなきゃ、結局は親が居なきゃだめなんだ。




まずは、自立したいの。




親から何も文句言われないように。(…だったら就職しろって話しなんだけどね)


自分一人で、生活していけるだけのお金を稼いで、

世間の知らないこととかいっぱい知って、

親が居なくても、アタシ一人でも生きていけるようになりたいの。


その為には、お金と時間が必要でしょ?


やるべきことができるようになってから、彼方の傍へ行きたい。

だって今のままじゃ、親の保護下でしてる、ただのお子様の恋愛と変わらないから。


だからね?

1年で自立できるようになる、とか、そんなことは言えない。

実際どれくらいの時間がかかるかわからないし。

でも、親から離れて二人だけの自由を手にする為に、アタシに時間をください。


アタシ頑張るから。


彼方が寂しくなっちゃった時、
できるだけ早く仕事を休んで、彼方に逢いに行けるよう頑張るから。


いっぱい寂しい思いさせちゃうかもしれない。

でも思うことはアタシも一緒。


今より先の未来をみよう。


今彼方の元へ突っ走って、危なげな生活をはじめるよりも、

ちゃんと安定した、一生一緒にいられるような未来をみよう。



ね?…頑張ろう?













~拓斗さん~

相互リンクありがとうございます

ちょくちょく拓斗さんのブログ訪問させてもらってるんですが、

多忙な為、なかなかコメントできず【笑


拓斗さんは、詩人の様な方ですね

私もよく詩を書いていたので、
自分の詩と比べると表現方法が素敵だなぁ、と常に思います。

今後もちょくちょく訪問させてもらいますので^_^*


ではっ!





2008-01-24(Thu)

。ほんの一瞬だけ思うコト。


一人になりたいな、なんてたまに思ったりする。

だけど本当に一人になった時、

誰もかまってくれなくなって、寂しくなって、すぐに彼方を求める。



一人になると1時間ももたない。



寂しくて…寂しくて…

彼方がくれたおっきぃくまさんにぎゅぅってして、

それでも寂しくて、彼方の声が聞きたくなる。


彼方の温かい腕の中で、ゆっくり寝たいなぁ。。。

























ねぇ…独りになるのはイヤだよ。

何度も何度も「独りにしないよ」っていってくれなきゃ…

寒さで心が凍えそうなの。




2008-01-22(Tue)

。戯言~自分分析~。

周りの子よりキツめのアイメイク

安ピンやらチェーンやら
じゃらじゃらついた黒い服

他人を見下した目付き

誰もよせつけないように。


全部ぜんぶ

自己防衛




母さんは言ったね


もうちょっと中身にあったおしゃれをしたらいぃのに。って。
それはつまり見た目と中身があってない。ってこと。


そんなん言われなくてもアタシが一番よくわかってる


きっとホントのアタシを知ってる人は、

たった一人で他人の中に埋もれたアタシを見たら驚くとおもう。

常に神経とがらせて、警戒心はMAXで。

前を向けば無理につくったするどい目つき。


誰からも馬鹿にされないように、同情されないように。

干渉されないように、強い自分を演じてる。


ホントはあり得ないくらいバカで、寂しがりやで、弱虫なのに。





周りの子よりキツめのアイメイク

安ピンやらチェーンやら
じゃらじゃらついた黒い服

他人を見下した目付き

誰もよせつけないように。


全部ぜんぶ

自己防衛




2008-01-19(Sat)

。ひとりじゃないよ。


いつの間にか、口癖になった言葉がある


「ひとりじゃないよ。」



弱ってる人をみると、必ず口にしてしまう

その人の傍に居て、寂しさをまぎらわせたいとすごく思う

でも自分自身が不完全なアタシは、
その人を中途半端にしか支えることができず

いつも自分の中の不甲斐なさに切ないおもいをするの。



ふと思った


「ひとりじゃないよ。」

が、口癖になった理由



幼い頃、自分に言い聞かせてたなぁ‥って思い出したの



いつかの夜

アタシは彼方に

「ひとりにしないで」
「離れちゃやだよ」
「離さないでね」
って何度も何度も言ったね



今までは
「ひとりじゃないよ。」って言い聞かせれば、どんな夜も耐えてこれたのに‥。




ねぇ、いつの間にアタシはこんなに弱くなっちゃったんだろう



‥‥智哉のせいだよ?【笑



アタシの中、智哉でいっぱぃになっちゃったから、
智哉が居ないとすぐに弱っちゃうの



どんなに苦しくて辛い夜も、泣きながらひとりで越えられてたはずなのに




ぁ、でもね?


彼方を守る為なら、
悲しい顔をさせないためなら、
なんだって犠牲にできちゃぅんだ



だから、ある意味では強くなったかな



ねーぇ智哉、大好き








~静流様~

どうもはじめまして、コメントありがとうございます♪

人の感情って、余計なものだと思う部分もありますけど、
感情があるからこそ、なにかを、誰かを、動物以上に想えるんだ、と。
一生懸命に生きているのだと、私も思います。

静流さんもネットでの出逢いで、恋をされてるのですね。

同じ女の子同士、共感できる部分があるかと思います。

恋愛のことでも、それ以外のことでも、もしなにかありましたら、
お力になりたいと思いますので、気軽にお声をかけてください。


それでは、コメントありがとうございました^^*



~拓斗様~

コメントありがとうございます♪

どうやら彼のブログも見ていただいてるようで、ありがとうございます

見守ってくれている方がいるのはとても嬉しいことですね

まだゆっくりと拓斗さんのブログは見れていないのですが、

時間がある時にでも、ゆっくりじっくりと拝見…と思ったんですけど


前に、拓斗さんのブログ拝見させていただいてました…【笑


拓斗さんのブログを訪問してびっくり

おや、まぁ、過去に見たことあるブログじゃぁないですか

ブログを読んだ際、相手の女性のことをすごく想ってるんだなぁと印象に残っていたブログでした。

ちょうどいい機会ですので、リンクに追加させていただきます【笑


今後ともよろしくお願いします






2008-01-18(Fri)

。花。

あのねあのね、昨日ね

ぽつんと一つだけ咲く、小さな花を見つけたの。


そこら中にその花と同じ葉があるんだけど、花はそこにしか咲いてなかったの。

電柱のかげでこっそりと咲いてた。



(精一杯生きてるのかなぁ。。。)


なんて思っちゃって携帯をとりだして、思わずぱしゃり。



最近、さ。

家族同士での殺し合いとか、虐待とか、すっごく多いじゃない。

特に、親が子供を虐待、なんてニュースを観ると、なんか切なくなるの。


同じ人間、まして家族なのに、殴って、傷つけて、苦しい思いさせて、、、、


だからね、なにも考えずに精一杯生きてるこの花に 感動しちゃった。


動物や花は、そこらの人間なんかよりよっぽど綺麗に生きてると思う。


ただ純粋に生きて、その中でパートナーを見つけて、子孫を残して。


だから、やっぱり思う。


人間は余計な感情とか、知能が備わったから純粋に生きられなくなったんだなって。


アタシだって汚いところいっぱいある。
ずるいとこだってあるし、自分のことしか考えてないことも結構ある。

余計な感情なんていらないって思ったこともあった。


でもね、思ったの。

人間は汚い、でも、その余計な感情があるからこそ、

精一杯彼方を愛せてる。

ただ、子孫を残す~とかそんな本能的なものなんかじゃなくて

純粋に、純粋に。



まぁ、さ。

日々汚れてくことが多いアタシだけど、

この純粋に生きてる花を見た瞬間、なにかと考えさせられましたよ、癒されましたよ、ってお話。






ぁ、そうだ。

昨日化粧品いっぱい買っちゃったって言ったじゃない?

んとね、マスカラの下地?みたいなの半年ぶりくらいに買ったの。

マスカラつける前に塗るとね、マスカラつけた時にすっごくまつげが長くなるの。


半年くらい前までは、下地もやってたんだけど、めんどくさくなっちゃって最近つけてなかったんだぁ

で、昨日たまたま化粧品見てて、欲しくなっちゃって購入。


今朝お化粧したんだけどね、まつげがのびるのびる【笑


ちょっと感激しちゃった


以上、オチのないお話でした。【笑







~拍手、コメントくださった方へ~

拍手、コメントありがとうございます。

愛読だなんてそんなぁ…嬉しいじゃないですか【笑

日々のくだらないことや、たまにまじめなこと、
彼への想いなどちょくちょく更新頑張ってますので、これからもよろしくお願いします。^^*





2008-01-16(Wed)

。ちょっとした不安。


最近ね、ちょっぴし悩んでることがあるの。

進路のこととか、将来のこととか。


進路は‥まぁ、
迷ってるとかじゃなくて先が見えなくて不安になってるだけなんだけど。


なんだろ、やってみたいなってことはあるの。

ただ、いざ実行にうつすとなると、

先のことが不安になっちゃって後ずさりしちゃう。


やりたいことっていっても、それほど意欲的ってわけでもなくて、
ただ興味がある程度。

だからなんか、なぁなぁ気味になってる自分がいて、
そんな自分もいやだなって思っちゃう。


こんな甘い考えなのに、早く自立したいなぁって思ってるアタシもいるの。



早く彼方と結婚して、いつまでも一緒にいたいな とも思う。
(その前に自立が最優先なんだけどね)



なんかね、なにが言いたいかわかんなくなっちゃった。【笑


まぁ、なんだろ、


なんかね、不安なの。




2008-01-11(Fri)

。告白。

昨日ね、友達だと思ってた人に告白されたんだ・・・

前に他の人に片想いしてた時に、相談にのってくれたり

最近は、智哉とのこと応援してくれるいい友達だったの

アタシはずっといい友達だと思ってて


だからなんか・・・びっくりっていうか衝撃っていうか・・・


やっぱり男女間の友情は成立しないのかなぁ・・・って思った

今でも彼方以外の人から、告白されるのは苦手

愛とか恋とか、苦手


アタシは友達としてつきあっていたかった

ただの友達として。


だからこそ、告白されて複雑な気持ちになったの

好きになんて なってほしくなかったな・・・




2008-01-07(Mon)

。1月7日。


今日アタシは、18歳になりました。


アタシがこの世に生まれてから、18年もたつんだね


なんか変な感じ



昔を振り返っても、幼い頃に殴られてた記憶しかでてこないや【苦笑

やっぱり、まだ強く心に残ってるからなのかな‥。




誕生日‥ね

別にあんま興味なかったんだ

歳とるだけだし


「おめでとう」って言われても、
何がおめでたいのかよくわかんないし


それこそ、5、6年前のアタシは
誕生日どうこう以前に、生まれてこなきゃよかったとすら思ってたし

アタシを生むだけ生んで、どっかに消えた、
顔すら知らない母親を憎んだこともあった





「誕生日‥?だから何?」みたいな【笑



でもね

1月7日に日付が変わった瞬間


彼方がくれた「おめでとう」って一言がね


彼方が、心からアタシの誕生日を喜んで
「おめでとう」って言ってくれたように聴こえたの



アタシへの【愛しい】って気持ちがいっぱい詰まった「おめでとう」に聴こえた


なんかすごく嬉しくて


今までのどんな「おめでとう」より嬉しかったよ




1月7日、18歳最初の日
熱出して「うーぅー」唸ってて、あまりいいスタートとは言えないね【笑


明日は病院行ってくるよ


さすがに毎晩、彼方に付き合ってもらう訳にはいかないからね


いつもいつも、わがままきいてくれてありがとう





どこかに居るはずのアタシの母である人も、
今日この日を、アタシの誕生日を覚えててくれてるといいな





えっと‥なんて呼んだらいいんだろう

まぁ、呼び方なんてわかんないからいいや


とりあえずどこかに居る貴女へ


アタシ、貴女を憎んだことあったけど

今なら生まれてよかったと思えるよ



貴女が生んでくれたから、素敵な人に出逢えたんだ

これ以上ないってくらいの愛を知れたんだ




ほんとはありがとうなんて言いたくないけど

でも貴女が生んでくれなきゃ、アタシはこの世に居なかったんだもんね





ありがとう
アタシはたくましく成長してるよ




2008-01-06(Sun)

。。


































2008-01-06(Sun)

。こんにちわ、18歳の私。

ねぇ、智哉。

今日は少し前のアタシのこと話すね?


彼方が知りたくない内容もあるかもしれない。

でもね、これもアタシの一部なんだ。


今日だけは、我慢して向き合ってくれると嬉しいな。




16歳のアタシは、何かに依存しなければ生きられませんでした。

あの頃のアタシは、あの人に依存してたの。

同じバイト先にいる、あの人、ね。


一方的な依存、まぁ、簡単に言えば片想い。


最初は、ただ同じ場所に居れればそれで良いと思ってた。

でもどんどん欲張りになっていって、彼のことを知りたくなった。


彼もまぁ、アタシと似た弱い部分があったんだ。

だからアタシの力でなんとかしてあげたいって思った・・・。

でも自分の気持ちを伝えるのは怖くて、ただの片想い止まりになってた。


結局は、彼の力になりたいって想いより

自分が傷つくのが怖いって想いの方が強かったんだ。


ただずっと、彼に依存してた。

想うことで自分を保ってた。


まぁ最終的に彼に彼女ができて、

薄々アタシの気持ちに気付いてた彼から「ごめん」の一言。

17歳になる時、アタシの片想いは終わったんだ。



その時に決めたの。


依存したって何も変わらない。ただ自分が辛くなるだけ。

今年こそは誰にも依存しないで生きれるくらい、強くなろうって。





17歳の夏。

彼方と恋に落ちた。


彼方は
誰にも依存しないと決めたアタシの決意を、とても簡単に壊していったの。



彼方に恋して

いっぱい泣いた、傷ついた。

苦しくて、苦しくて、おかしくなって・・・。


彼方もいっぱいいっぱい辛い思いしたね。



結局今のアタシは、彼方に依存してる。


でも、今は辛くない。


彼方はちゃんとアタシを、アタシだけをみてくれてるから。



ここまで読んでくれてありがとう。


18歳になったアタシも、どうぞよろしくね。




17歳のアタシへ。

今年も結局、【依存】から卒業できませんでした。

来年も、再来年も、きっと卒業できないと思う。

依存ってさ、苦しいよね。辛いよね。

ちょっとの間離れるだけでも、すごく寂しいよね。


でもね、智哉にたいする依存なら、卒業する必要はないと思うの。

だって智哉は、アタシを一生愛すると言ってくれたから。

智哉の傍がアタシの居場所だもんね。


17歳のアタシ、あの辛い時期を乗り越えてくれてありがとう。


17歳最後の一日、精一杯楽しもうね。




そして18歳のアタシへ。


どうもこんにちわ18歳のアタシ。

明日から1年間よろしくね。


今年はいっぱいいっぱい智哉を愛していこうね。

17歳のアタシに負けないくらい。


今年は去年よりも、嬉しい思いで、楽しい思いでを、いっぱいいっぱいつくろう。



いっぱいいっぱい智哉と笑おう。



1年間、よろしくね







2008-01-05(Sat)

。5こ。


あのね、今までみかんって

すっぱいイメージあったからあんまり食べなかったんだけどね


今日、あんまりにもお腹空いたから食べてみたの。


そしたらね、すっごく甘くておいしかった【笑


調子に乗って、5こも食べちゃった(食べすぎ


家にはこたつがないんだぁ・・・

だからいつか、こたつでぬくぬくしながらみかん食べたいな



ねーぇ、

いつか一緒に、こたつでみかん食べようね






~拍手くれた方へ~

拍手、ありがとうございます

初めての拍手だったので、私も彼も喜んでおります♪


過去には、確かに心が揺らぐこともありました


これから先も揺らぐことはない、とは言い切れません

ただ、これからもお互い素直な気持ちを告白しあって

この関係を続けていければいいな、と思っています。


よろしければ今後も、こんな私達をブログを通して見守っていただければ幸いです。


それでは、拍手ありがとうございました^ ^




2008-01-03(Thu)

。夢。


嫌な夢をみたの。



犯されかけた、とか

殺された、とか

自殺する、とか



それよりももっと質の悪い夢。




みんなから嫌われる夢。


アタシの一番嫌いな夢。




アタシは、嫌われることが一番怖い。


一番、怖い。苦しくなる。



幸い彼方は夢にでてこなくて

彼方にだけは嫌われなかったのだけど‥。




夢を見ている内に

夢の中のみんなの顔が歪んでいったの。




しばらくすると、

少しずつ苦しみが薄れかけてきて

携帯のバイブで目が覚めた。




携帯を開くと

彼方からのメールがあった。






あの時、彼方からメールがきてよかった‥



すごく安心できたんだよ。




メールを何回か返信すると、彼方は電話してくれたね。



彼方の声を聴いて、ますます安心できた。



そのおかげで、

嫌な夢を見たことなんて

あっという間に忘れちゃったんだ【笑



寒い中、電話付き合ってくれてありがとね。



ありがとね





2008-01-02(Wed)

。星空。


ねぇ‥青森の夜空は星がいっぱいだよ


すごく綺麗


思わず写メったけど
星なんて映るわけもなく‥


でも写らないからこそ、
心の中に残そうと強く思う




いつか二人でドライブしよう



そして二人で一緒に満天の星を眺めよう




2008-01-02(Wed)

。永遠の愛。


ある人は言った

人の愛ほど形を変えやすいものはない、と。


ある人は思った

この世に永遠の愛など存在しない、と。



ある人は吐き捨てた

結婚したって所詮他人同士。
紙切れ一枚で別れられるんだ、と。



ある人は教えてくれた

人が信じなくても自分が信じて貫くだけ、と。





永遠の愛‥それは奇跡だと、アタシは思う





彼方を愛し通したい

傍にいたい




でも、不安がないと言えば嘘になる


だからこそ、
何度も「愛する」と「一生傍にいる」と呟いて


アタシはアタシの中の不安をかき消してく




愛なんて信じてなかった


信じる気もなかった



けど‥彼方なら、彼方となら



一生、愛し愛される関係でいれると思う





ある人は言った

人の愛ほど形を変えやすいものはない、と。


アタシは思った

この世に永遠の愛など存在しない、と。



母は吐き捨てた

結婚したって所詮他人同士。
紙切れ一枚で別れられるんだ、と。





でも、ある人は教えてくれた











人が信じなくても自分が信じて貫くだけ、と。










2008-01-01(Tue)

。2008。


明けましておめでとう。


去年は
楽しいこと、嬉しいこと、辛いこと、苦しいこといっぱいいっぱいあったね


その度に、今まで知らなかった自分が顔をだして

醜い自分や、素直になった正直な自分を知ることこができました



何度も何度も逃げそうになって

実際に彼方から逃げようとしたこともあったけど

結局は逃げれなくて‥


でもやっぱり思う

逃げなくてよかったって


あの時逃げなかったから

彼方が隣にいるんだ‥と


何度も何度も思う。(くどい‥かな?苦笑






今年も

溢れんばかりの愛を

苦しいくらいの温もりを

かたく繋いだこの手を

甘く優しいキスを


全ての絆を大切に育てながら

二人で歩んでいこう




アタシは彼方が


智哉が、世界一大好きです




プロフィール

。綾香。

Author:。綾香。
ネット恋愛、実はバカにしてた。

遠距離恋愛?ないない。

第一、
アタシは誰かを好きになるのが怖かった。

両想いになるのが怖かった。

そんなアタシが、
ネット恋愛しちゃってます。
遠距離恋愛しちゃってます。



。プロフつくってみたョ。








記念日
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる