FC2ブログ
2007-12-31(Mon)

。言葉。

星空を眺めながら、アタシは言った。




違う場所にいる恋人同士は、空を見て、
【同じ空を眺めてるんだね】ってゆうのをよくきくよね

でもさ、結局はお互い違うところにいて
違う空を見てると思うんだ

星を見たって、相手が同じ星を見てるとは限らない
星座を見たって、もしかしたら違うものを見てるかもしれない‥‥





それを聴いた彼方は


たった一言









月を見れば確実でしょ?









アタシに言ったね。




アタシの中の世界が、たった一言で一転した



違う空だ、なんて 寂しいことを言ったアタシに、素敵な考え方を教えてくれた




思えば彼方はいつも、アタシの世界を崩してく


それは良い意味で。




彼方は

愛に怯えてたアタシの世界を


へりくつばかりの世界を


疑ってばかりの世界を


ことごとく壊してく




彼方の言葉で変われていく


彼方のおかげで、
どんどん素敵な人間になれていく気がする




全部 全部 彼方のおかげ





最愛の彼方に、感謝します




スポンサーサイト



2007-12-30(Sun)

。2007。


もうすぐ、今年が終わる。

新しい年がやってくる。




今年は色々あったね


彼方と出逢って、恋をして

人を愛することを知った。

愛されることを知った。

誰かを守ろうとする気持ちを覚えた。


彼方のおかげでたくさんのことを学んだ。



来年は、もっともっと彼方を愛したい。


いっぱいいっぱい愛して、彼方を幸せにしてあげたい。


彼方を愛して、アタシも幸せになりたい。


彼方を、もっともっともっと幸せにしたい。


来年も、よろしくね




2007-12-27(Thu)

。絆。



何度も何度も「好き」といって


電話越しにお互いの気持ちを確かめあって



永遠のようですぐに崩れそうなこの絆を

脆そうで強いこの絆を


アタシは繋ぎ止めようと必死なのかもしれない




一分一秒たりとも離れたくなくて


彼方を束縛してばかり



お互い意地っ張りで、素直な気持ちを打ち明けないとすれ違ってしまうことばかり



だからこそ

何度も「好き」と「愛してる」といって



お互いが離れていかぬよう




この細くて長い赤い糸を


少しずつ丈夫なものにしていこう





2007-12-23(Sun)

。失ったもの、手に入れたもの。


いつか、この恋に、泥沼の三角関係に終わりがくることはわかってた。


でも、その【いつか】はいつ来るかなんてわからなくて


アタシ自身、道が見えなくて、前に進めなくなって


後ろにも下がれなくて、一人がんじがらめになって


彼方を疑って、怯えて、泣いて、どうしようもない日々が続いてた。



でも、終わりはやってきた。


彼方は、「彼女と別れる」と言ってくれたね。


まぁ、アタシが少し強引に言わせた部分があったのだけれど。


それでも、彼方がアタシを選んでくれることが嬉しかった。


彼方が、彼女と別れ話をしている間

アタシは、不安で不安でしょうがなかった。


怯えながら、震えながら、時が過ぎるのをただ待ったの。


待つほうも結構大変なんだからね?【苦笑


でもその日の夜、彼方からの連絡はなくて、


(彼女のほうへ行っちゃったのかな・・・)


なんて、疑っちゃったの。ごめんね。


彼方を疑ってしまう、自分が嫌だった。


疑わないようにしよう、って思いながら、ただ待った。


結局待ちきれずに、彼方に電話しちゃったね・・・

連絡がなくて不安だったの

「待ってて」って言われたのにね。ごめんね



結果的に彼方は彼女と別れて、アタシのところへきてくれた。


泥沼関係が終わったのに、実際はあまり喜べなくて

残ったのは喪失感だったね。


彼方は彼女を。
アタシは友達を。

共に失ったんだもんね。


でもね、今、幸せだよ。

ようやく幸せを実感できるの。


彼方との幸せを。


彼方を追い続けてよかったと、泣いても頑張り続けてよかった、と。


彼方がいるから、アタシは強くなれる。

彼方がいるから、アタシは笑える。

彼方がいるから、今のアタシはいる。


彼方も悩んだりして、大変だったでしょう?

今もまだ、少し心が寂しいでしょう?


アタシが癒してあげるからね、ずっと傍にいるからね。

彼方がなにかに怯え、心が弱ってる時は、アタシが守るからね。



これから先の人生、一緒に歩んでいこう。




大好きだよ。




2007-12-19(Wed)

。無題。


声がききたい

大好きっていってほしい

ほんとは、泣いて離れちゃやだって
彼方にすがりつきたい


どんなに惨めでも、どんなにばかにされても


彼方だけ


彼方だけが、アタシは欲しい





彼方の他に、何もいらない


2007-12-18(Tue)

。冬。


気付いたら、吐く息が白くなってた。

いつの間にか、冬がきたんだね。



初めて出逢ったのは、春・・・かな。
桜の下。

笑って、泣いて、どきどきして、心の中が騒がしかった夏。
隅っこのほうで二人きりでお話ししたね。


悩んで、立ち止まって、前に進めなくなって、辛くて、
泣いて泣いて泣いた、秋。

誰かを傷つけてでも、欲しいものがあるんだ、と気付かされた秋。


そして、今。
心の中は曇り一つないとは言えないけれど。

嫉妬や、憎しみ、寂しさで溢れた涙は枯れ、
喜び、愛しさ、で溢れた涙。
彼方の大切さを再確認できた冬。

二度と離したくないと、改めて思った。


彼方と付き合って、あっという間に三ヶ月が過ぎた。

いろいろな感情が溢れた。

自分を抑えられなくて、辛くて、苦しい日なんて数えられないくらい越えてきた。

でもその分、今すごく幸せなんだ。

あの辛い時期を乗り越えてよかった、と。


今やっと、彼方との幸せを心から喜べる気がするよ。






2007-12-16(Sun)

。彼方へ。


最近、1日の大半は彼方と一緒だね



夜が明けるまでお話ししたり、

電話ごしにお友達との会話の輪に加えてもらったり、

すっごく楽しいし、嬉しい



アタシを優先してくれるのはすっごく嬉しい

でもね、ちょっと心配なんだ


彼方の時間がなくなってしまわないかって


課題とか、勉強とか、趣味のこととか

やりたいこといっぱいあるだろうし‥


だからね、無理しなくていいよ?


一人の時間が欲しいときは、ちゃんといいこにしてるから



って、これを読んだ彼方はきっと


「無理なんてしてない」 っていうんだろうね【笑




2007-12-13(Thu)

。彼方だけ。

「相思相愛」なんて、永遠にないと思ってた



「片想い」をすることはあっても、
誰かと「付き合いたい」と思うことはなかった


四六時中、電話で声が聴きたいと思ったことはなかった


繋がっていたいと、思ったことはなかった


こんなに誰かを求めたことはなかった


基本的に、人には無関心だったから



不思議だね、彼方はアタシを必死にさせる


アタシを本気にさせる




来るもの拒まず
去るもの追わず


大抵そうやって生きてきた



多少追ったとしても、
そこまで他人に執着はしなかった


自分が傷つかないように

誰にも深入りしないように




でも 例外ってあるんだね



彼方にだけは

どうしても執着しちゃうんだ
依存しちゃうんだ


彼方だけは

どうしても求めちゃうんだ
離したくないと思うんだ

常に傍にいたいと


常に繋がっていたいと


常に愛されていたい、と思ってしまうんだ




いつか、彼方を失う時のことを想像すると


それだけでおかしくなっちゃうくらいに彼方に依存してる


きっとこれからも依存していく


彼方に

彼方だけに


これまでも

これからも


数ヵ月先も

数年先も


数十年先も




アタシは彼方だけを求めて生きていきたい




2007-12-10(Mon)

。頑張るね。

彼方のこと、大好きすぎて、


わがまま言って困らせちゃうし


泣いてばっかだし、意地張ってばかりだけど


週末を一人で乗りきれるくらい大人になるから


頑張るから


どれだけ時間かかっちゃうかわかんないけど


アタシ、頑張るから



気長に見守ってて?? ね?




2007-12-08(Sat)

。憧れの先輩。


今日ね!っていうかたった今ね!!
アタシのトレーニングしてくれた先輩が、めっちゃ久しぶりにバミにきたの!!



アタシの憧れてる人!


めっちゃ営業強くて、凄い人!!


めちゃくちゃ成長が遅かった、
新人の頃のアタシを、見捨てずに育ててくれた人!!


ホントにすっごい人なんだ!



嬉しいな、会えてすっごい嬉しい。



今まであの人を目標にして、アタシは頑張ってきた。

でも最近、それほど仕事にたいする意欲もなくなってきてた。


でもまたやる気がでてきたよ!!



頑張るっ!!


あの人に近づけるように!




‥あ、急にこんな話ししちゃってごめんね?【笑




2007-12-07(Fri)

。ぁ゛ーっもう。

あ゛ーあ゛ーあ゛ーー・・・・


・・・・「現在(今)」なんて今すぐに過ぎ去ってしまえばいい。


消えてしまいたい。

記憶を無くしたい。


全て吐きたい・・・。


どうしようもなく、辛い。



なぜか、意味もなく辛い。


なにかあった訳でもないのに、苦しい。


この世界から、消えてしまいたい。


誰か、アタシを消して・・・。
















・・・お願い、助けて。








2007-12-06(Thu)

。不安。

ふと、データフォルダをいじってた。



そしたら、彼方と彼女との結婚式の写真がでてきた‥‥。




また、なぜか不安になった。


いつかアタシは独りぼっちになっちゃうんじゃないか、って。



こうしてブログに書くことで
また彼方へ、不安な気持ちを押し付けてしまった。



ほんとは我慢したいのに、
結局は我慢しきれずに、不安な気持ちを吐きだしてしまう。


彼方を困らせるばかり‥‥‥



‥ほんとは困らせたくなんかないのに。




アタシ こんなんでごめんね



彼方に負担かけてばっかりだ‥




2007-12-04(Tue)

。戯言。


1人でいると、いろいろ余計なことを考える。




過去の自分のこと。

今の自分のこと。

これからの自分のこと。




未だに、母親の目を見るのが怖い。


なにか頼みごとをするのが怖い。


食事をするのが怖い。


少し怯えながら過す毎日。


所詮他人だと、割り切っている反面、


辛い時は支えてくれる、心から母親だと思うこともある。


だけどやっぱり過去に受けた傷は癒えなくて、


信頼していても、ふとしたきっかけで母親が怖くなる。


別に特別嫌いなわけじゃないのに、


「嫌いだ」と口にしてしまう。


母親に似てきた、末の妹が疎ましく思うこともある。


癒えない苦痛は、今でも度々アタシの心を蝕む。


母親がでかけてると、どこかでほっとしてる自分がいる。


きっとそれが今のアタシの正直な気持ち。


過去に崩れた関係は、


二度と元に戻ることはないのだ、と


諦めている自分がいる。




2007-12-03(Mon)

。捨て犬。

昨日の夜、リードで繋がれた柴犬をみつけたの。


飼い主がわんこを置いて、どっかのお店にでも入ってるんだろうか・・・

なんて思いながら、飼い主が迎えに来るのをアタシは待ってた。
(近くにお店もコンビニもなかったけどね)

でも、しばらく待ってみても誰も迎えにこないの。


他の通行人もそのわんこが気にかかったみたいで、

撫でようとしてた人もいた。


わんこは最初うれしそうにしっぽを振るんだけど、

触れられそうになると大きな声で吠えてたよ。


「(捨てられたのかな・・・)」


なんて思いながらアタシはしばらく眺めてた。



夜、寒い中、

アタシは馬鹿みたいに、道のど真ん中でわんこを見つめてた。


・・・誰も迎えにこないの。



このままじゃ可哀想だとおもって、
連れて帰ってしまおうかと思った。


でも結局、連れて帰れなかった。


なんでかって?

もしかしたら、家にいるわんこと喧嘩しちゃうかもしれない。

病気だってもってるかもしれない。

大人のわんこだから、うまくしつけできないかもしれない。

その他色々・・・。


でもさ、結局のところ これって全部言い訳なんだよね。

だってさ、本気で助けようと思うなら、

親に土下座でもなんでもして頼み込めばいいじゃん?


別に生活が特別苦しくて、動物を飼えない環境にいるわけじゃない。

ちゃんと病院だって、自分でお金出せば連れてけるはず。


やろうと思えば助けられる。



でもアタシはしなかった。


自分を犠牲にしてまで、助けてあげる気になれなかったんだろうと、思う。


アタシはその程度の人間なんだなって、自己嫌悪。



どうか、あのわんこが捨てられた訳じゃなく、

ちゃんと飼い主が迎えに来て、

暖かいところでゆっくり休めていますように。。。




2007-12-01(Sat)

。完成。

予定より一日かかっちゃったけど、やっとできたよ

今までマフラーを編んだことはあったけど、

完成させたことはなかった


初めて最後まで編んだマフラー


ちょっといびつなところもあるし、

みためだって売ってるマフラーみたいにきれいじゃないけど、

少しでも寒さがしのげたらいいな


届くまで、あまり期待せずにまっててね【笑






プロフィール

。綾香。

Author:。綾香。
ネット恋愛、実はバカにしてた。

遠距離恋愛?ないない。

第一、
アタシは誰かを好きになるのが怖かった。

両想いになるのが怖かった。

そんなアタシが、
ネット恋愛しちゃってます。
遠距離恋愛しちゃってます。



。プロフつくってみたョ。








記念日
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる